Hitachi

  • 3Dグラスは正しく装着してください。
  • 3D映像を視聴する場合は、必ず3Dグラスを装着し、裸眼で3D映像を視聴しないでください。
  • 3D映像以外の映像を視聴したり、移動する場合は、3Dグラスをはずしてください。
  • 視力矯正用のメガネやコンタクトレンズを着用している場合は、着用したうえで3Dグラスを装着してください。
  • 3D映像を視聴する場合は、両目を水平に近い状態で視聴してください。横になったり、顔を傾けると、3D効果を感じにくくなったり、映像の色が変わったりすることがあります。
  • 3D映像の見え方には個人差があります。
  • 3D映像を視聴する場合は、適度な休憩をとってください。休憩をとっても疲労感や不快感が取れない場合は、視聴を中止してください。
  • 光過敏の既往症のある人、心臓に疾患のある人、体調不良の人は、3Dグラスを使用しないでください。病状悪化の原因になることがあります。
  • 3Dグラスで視聴中に疲労感、不快感など異常を感じた場合には、使用を中止してください。そのまま視聴すると体調不良の原因になることがあります。適度な休憩をとってください。
  • 3D映画などをご覧になる場合は、1 作品の視聴を目安に適度に休憩をとってください。
  • 3Dゲームやパソコンなどの双方向にやり取りできる機器の3D 映像をご覧になる場合は、30 〜 60 分を目安に適度に休憩をとってください。長時間の視聴による目の疲れの原因になることがあります。
  • 3Dグラスを使用しているときに誤ってテレビ画面や人をたたかないでください。3D 映像のため、画面との距離を誤り、画面をたたきけがの原因になることがあります。
  • 近視や遠視の方、左右の視力が異なる方や乱視の方は視力矯正メガネの装着などにより、視力を適切に矯正したうえで3Dグラスを使用してください。
  • 3D映像を視聴中に、はっきりと2重に像が見えたら使用を中止してください。長時間の視聴による目の疲れの原因になることがあります。
  • 画面の有効高さの3倍以上の視聴距離で見てください。推奨距離より近距離でのご使用は目の疲れの原因になることがあります。
    【推奨距離】32V 型:1.1m以上、37V型:1.3m以上、42V型:1.6m以上、46V型:1.7m以上、47V型:1.8m以上、50V型:1.9m以上、55V型:2.1m以上

    映画のように上下に黒帯がある場合は、映像部分の高さに対し3倍以上の視聴距離でご覧ください。(上記推奨距離よりも短くなります。)
  • 3Dグラスでの視聴年齢については、5〜6 歳以上を目安にしてください。
    お子様の場合は、疲労や不快感などに対する反応がわかりにくいため、急に体調が悪くなることがあります。お子様が視聴の際は、保護者の方が目の疲れが無いか、ご注意ください。
  • 3Dグラスに異常・故障があったときは直ちに使用を中止してください。そのまま使用するとけがや目の疲れ、体調不良の原因になることがあります。
  • 3Dグラスをかけたまま移動しないでください。まわりが暗くなり、転倒などによるけがの原因になることがあります。
  • 3Dグラスは、指定の用途以外には使用しないでください。
  • 3Dグラスを割れた状態で使用しないでください。けがや目の疲れの原因になることがあります。
  • 3Dグラスを使用して3D映像を視聴する場合は、周囲に壊れやすいものを置かないでください。3D映像を実際の物に間違えて体を動かし、周囲のものを破損してけがの原因になることがあります。
  • 肌に異常を感じたら3Dグラスの使用を中止してください。ごくまれに塗料や材質でアレルギーの原因になることがあります。
  • 鼻やこめかみが赤くなったり、痛み、かゆみを感じたら3Dグラスの使用を中止してください。長時間の使用による圧力により、体調不良の原因になることがあります。