ページの本文へ

Hitachi

Q&A : 選ぶときのポイント

Q1.液晶テレビとプラズマテレビの違いはなんですか?

液晶テレビとプラズマテレビでは、得意分野が違います。

  • 透過型の液晶テレビは、明るい画面で文字の表示などに優れています。
    大型から小型まで幅広く選ぶことができます。
  • 自発光タイプのプラズマテレビは、動画性能や色再現性に優れた特長を持っています。
    映画やスポーツなどの番組が得意です。

Q2.液晶テレビの原理は?

液晶自体は発光せず、バックライトの光を使って表示を行ないます。液晶のもつ、電圧の変化により透明度が変わる性質を用いて、前面に配置したカラーフィルターの透過する光の量を変化させ、映像を表示しています。
液晶テレビの構造を簡単に例えた断面イラスト

Q3. LCDとは?

Liquid Cristal Display 液晶ディスプレイ(液晶を利用したディスプレイ)のことをいいます。

Q4.液晶テレビの構造は?

液晶テレビは、2枚のガラス板の間に液晶状態の物質を封入し、電圧をかけることによって液晶分子の向きを変え、光の透過率を増減させて映像、文字を表示しています。
この際、液晶分子は電圧をかけてすぐに動くわけではないため、動きの速い映像表示には弱い性質を持っています。そのため、より動画をキレイに表示するため、倍速表示機能の搭載など工夫を行っています。

小型テレビからリビングの大型テレビまで、様々なニーズにこたえるテレビです。
液晶テレビの構造の断面イラスト

Q5. 画面の大きさは何を基準に決めればいいのですか。

1)画面の高さ

お手持ちのブラウン管テレビからサイズアップしても、画面の高さが低くなり、 画面が小さく感じることがあります。
買い替えには画面の高さがアップするサイズを選びましょう。
たとえば、29型ブラウン管テレビからは42V型がおすすめです。

2)視聴距離

いつもご覧になっているテレビの視聴距離を参考にするのが良いでしょう。
ハイビジョン映像は画面の高さの約3倍の距離で見ると、臨場感を得られると言われています。

おすすめ視聴距離
42V型 約1.6m
47V型 約1.8m
55V型 約2.1m

● 写真・イラストはイメージです。