ページの本文へ

Hitachi

Q&A : デジタル放送について

Q1.地上デジタル放送が映りません

以下のいずれかのリンクより、現在の状態に最もよく当てはまるものをご覧ください。

 (1)すべてのチャンネルが映らない
 (2)映らないチャンネルがある
 (3)きれいに映らない(ブロックノイズが入るなど)
 (4)急に映らなくなった

地上デジタルテレビジョン放送の電波状況に関しては、総務省 地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター(0570-07-0101)またはお近くの地方総合通信局にお問い合わせください。

詳しくは一般社団法人放送サービス高度化推進協会(http://www.apab.or.jp/)をご覧ください。

Q2.地上デジタル放送で両脇に帯が出たりしますが、何故ですか?

地上デジタル放送は16:9映像で送られてきますが、画面の左右に帯がついた4:3映像が16:9として送られてくる場合があります。その場合は、ワイドモードの切り替えで映像を拡大することができます。

Q3.「B-CASカードが挿入されていません」と表示されます。

デジタル放送を見るためには、「B-CASカード」が必要です。デジタル放送受信機には、正しく「B-CASカード」を入れてください。

BSデジタル放送のNHK受信時に、B-CAS(ビーキャス)カードが挿入されていない場合に、約15分間表示されます。これはNHK放送の仕様です。取扱説明書に従って、B-CASカードを必ず挿入してください。BSデジタルの有料放送の視聴などに必要なカードで、2004年4月から、コピー制御のためにB-CASカードの機能を利用します。挿入されないと、BS/地上のすべてのデジタルテレビ放送が映らなくなります。B-CASカードを挿入していただくことで、NHKも、無料民放も、これまでどおり番組をお楽しみいただけます。

Q4.B-CASカードの登録が必要ですか?

B-CASカード登録の有無と受信は直接関係はありません。テレビの挿入口に差し込めば、視聴が可能になります。 B-CASカードは、有料放送の課金や放送局からのメッセージ管理等のほか、著作権保護の為のコピー制御にも利用されています。

Q5.B-CASカードを紛失しました。

B-CASカスタマーセンターへご相談ください。再発行は有料となります。

B-CASカスタマーセンター: 電話 0570-000-250

Q6. チャンネル、データ放送の表示に時間がかかります。

デジタル放送はMPEGというデータ圧縮技術を用いて流されています。その為、データの受信、圧縮情報の展開、映像の高画質化などにより映像を表示するまで時間がかかります。また、デジタル放送のデータ放送番組・ラジオ放送番組の画面も、情報量に応じて表示されるまでに時間がかかります。ご了承ください。

Q7.番組の著作権保護、「1回だけ録画可能」な番組について教えてほしい。

デジタル放送の番組のほとんどが、著作権の保護のため、コピーガード信号が含まれています。「1回だけ録画可能」のコピー制御信号とともに録画される番組は、デジタル録画機器間のムーブ(移動)は可能ですが、ダビングはできません。

Q8.放送ダウンロードとは何ですか?

デジタル放送電波で送られてくるデータをダウンロードすることにより、デジタル放送受信機のソフトウエアを更新させるサービスです。
これにより、最新の放送サービスに対応したり、機能の改善を行なうことができます。

Q9.「メールがあります」と表示されます(機種によっては封筒のようなメールマーク表示)。 これは何でしょうか?
   また、表示させない方法はありますか?

これらの表示は、放送事業者などからのデジタル放送受信に関するお知らせです。

以下のような場合に画面下方にメールマークが表示されます。

  • お客様の居住地を含んだ地域で新しく地上デジタル放送の中継局が設置され放送を開始した場合など。
  • 有料放送の契約や無料視聴キャンペーンを申請し、受け付けられた場合。
  • ソフトウェア更新設定あるいはダウンロード設定(機種により機能名が異なります)を「する」や「しない」にしている場合で、ソウトウェア更新が行われるとき。

以下のリンクより、メール内容の表示方法およびメール着信表示の非表示設定の方法をご確認いただけます。

機種別メール内容表示方法およびメール着信非表示設定方法について

シリーズ名 型式名
Wooo GP1シリーズ L55-GP1、L47-GP1、L42-GP1
Wooo K1シリーズ L32-K1、L26-K1
Wooo N1シリーズ L39-N1、L29-N1、L19-N1