ページの本文へ

Hitachi

Q&A : 故障かな?(お問い合わせの前に)

Q1.液晶テレビのパネルが熱くなるようですが、大丈夫ですか?

液晶テレビは、内蔵しているLEDランプや蛍光ランプを点灯させることにより映像を表示しています。そのため、液晶テレビの表面温度が高くなる場合があります。 長時間使用した時などに、上部やパネル表面が熱くなる場合があります。手で触れると熱く感じる場合もありますが、故障ではありません。基本的に動作保証温度は5〜35℃となっております。 通気を妨げないように、上部30cm以上、左右10cm以上の十分な距離を取り、据付けてください。

液晶テレビは、その特性により、周囲温度が下がるにつれ、液晶の応答速度が遅くなり、映像が残像として見えることがありますが、故障ではありません。常温環境下に戻し、しばらくすると回復します。

Q2.画面の一部に光る点、光らない点があります。

パネルは、精密度の高い技術で作られていますが、画面の一部に欠点(光らない点)や輝点(余計に光る点)が存在する場合があります。これは故障ではありません。

Q3.残像について。

静止画(画面表示、放送局側から送られる時刻表示など)やメニュー表示を短時間(約1分程度)表示し、映像内容が変わった時に前の静止画が残像として見える場合がありますが、自然に回復します。
故障ではありません。

Q4.モニターから音がします。

「ジー」という表示パネルの駆動音や、ファンの駆動音が聞こえる場合がありますが、故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。

Q5.電源が入りません。

テレビ本体の主電源を入れ、スタンバイ(赤)ランプが点灯することを確認した後、リモコンの「電源ボタン」を押してください。スタンバイ(赤)ランプが点灯しない場合は、電源ケーブルがテレビから抜けていないか、プラグがコンセントから抜けていないかお確かめください。

Q6.リモコンで動きません。

乾電池を正しく入れてください、または新しいものに交換してください。モニターの主電源が入っており、スタンバイ状態であることを確認してください。リモコンが画面から近い場合は、受光部付近で操作して下さい。リモコン送信機の信号とIRコントローラーからの信号が干渉しないよう、位置を調整してください。

Q7.画面の上下に映像のない部分ができます。

DVDソフトのシネマスコープサイズ(アスペクト 横21:縦9)の場合には上下に、地上波などの4:3映像の場合には左右に映像のない部分ができます。これはワイド切替えにより切替えすることができます。ハイビジョン放送の場合はワイド切替えできません。アナログMUSE信号をデジタル化したハイビジョン映像では映像の上部分に映らない部分がありますが、放送信号の特性であり、製品の異常ではありません。

Q8.赤外線コードレスマイクや赤外線コードレスヘッドフォンにノイズが入ったり、音が聞こえません。

赤外線通信機器は通信障害により、使用できない場合があります。

Q9.ラジオに雑音が入ります。

近くでラジオを使用しますと、雑音が入る場合があります。テレビモニターより十分に離してお使いください。

Q10.勝手に電源が切れたり、画が消えて音だけになったりします。(GP1シリーズ)

人感節電センサーが働いて自動的に消画した可能性があります。
人感節電センサーの設定が「入」になっているかを確認してください。

Q11.HDMI入力で音声が出ません。(ZP5/X5シリーズ)

接続機器によっては、テレビの対応信号モードを「通常モード」に設定する必要があります。
 [ホーム]→[設定/お知らせ]→[機能設定]→[その他の設定]→[HDMI入力信号設定]で接続しているHDMIを選択し、[対応信号モード]を「通常モード」に設定してください。