ページの本文へ

Hitachi

Z2

仕様一覧はこちら

4K高画質

細部までくっきり見やすく、臨場感あふれる映像に

フルハイビジョンの4倍、約829万画素の高解像度を持つ4K液晶
パネルを搭載。フルハイビジョンよりもさらに細部まで緻密に描か
れた高精細で臨場感あふれる映像を大画面に映し出します。

フルハイビジョンの半分の視聴 距離で楽しめる

フルハイビジョンで最適とされる視聴距離は画面の高さの約3倍。

4K の解像度ではその半分である画面の高さの約1.5倍の距離
まで近づいても画素が気になりません。

視界いっぱいに大画面ならではの臨場感ある映像を堪能できます。

4K映像の速い動きもブレが少なくなめらか

1秒60コマで構成される動画を解析して動きを予測し、
新しいコマを補間。コマが増えることで動きがなめらか
に見え、動きの速い映像でもブレが少なくくっきりとした
映像を楽しめます。

美しさ

既存コンテンツも高画質で楽しめる

DVDなどのSD映像や地上デジタル放送などのハイビジョン映像、ブルーレイなどの
フルハイビジョン映像を、質感をアップして高画質画像に再現します。

4K映像だけでなく、既存の映像コンテンツも高画質で楽しめます。

  • ● 映像比較(当社比)は、効果を説明するためのイメージです。

将来性

4K60p映像信号入力に対応

4K解像度の映像を1秒間に60コマで表示できる、HDMIの新しい規格であるHDMI 2.0に準拠。
速い動きを滑らかに美しく映し出します。

また今後4K放送が開始された場合にも、高精細な映像を4K60pで表示できます。

録画対応

外付ハードディスク(別売)でダブル長時間録画

地デジ/BS/CS放送の外付ハードディスク(別売)録画に対応。
好きな録画容量を選べて、あとから増やすこともできます。

また、地デジ/BS/CSチューナーをそれぞれ3つ搭載しているので、
2番組同時に録画しながら別の番組を視聴できます。

見たい番組が同じ時間に重なったときでも、番組を見逃しません。

  • ● L65-Z2はハードディスクを内蔵していません。
    録画をする場合には外付ハードディスク(別売)が必要です。
    カセットHDD「iVDR-S(別売)」には対応しておりません。
  • ● 外付ハードディスク(別売)に録画した番組は、録画したテレビでしか再生できません。
  • ※ 長時間録画モードにするほどノイズが目立つなど画質は劣化します。
    画質の劣化は録画する映像の内容によって異なります。

3D対応

臨場感あふれる3D映像が楽しめる

1秒間に右目・左目用の映像を、それぞれ60コマ、左右合わせて120コマを交互に
高速で再生。その各コマに同期してシャッターが開閉する専用の3Dグラスを使うこと
により、立体感が認識できるアクティブシャッター方式を採用。臨場感ある3D映像を
楽しめます。

  • ● 3D映像を視聴するには、別売の専用3Dグラス、3D放送もしくは3Dに対応したコンテンツ(ソフト)および
    3Dに対応した機器(再生機)が必要です。
  • ● G2/GP1用などの偏光方式に対応した3Dグラスは利用できません。
  • ● プラズマGP08用3Dグラス「TP-AE3D200」は利用できません。
  • ● 4K映像は3Dで表示できません。
  • ● 3D映像の写真は効果を説明するためのイメージです。

仕様一覧はこちら